北九州市で不動産売却業者を探している方必見!口コミや評判の高い不動産業者を徹底比較して紹介しています。

事前準備が大事!初めて不動産売却をする人が知っておくべき知識

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/06/08

「家を売却したいが、何から始めればよいかわからない」という人もいるのではないでしょうか。不動産売却を成功させるためには、知識をつけることが大切です。この記事では、初めて不動産を売却する人に知っておいてほしい知識や不動産売却の流れ、不動産売却を行う際の注意点を紹介します。不動産売却を検討している人は参考にしてください。

不動産売却の進め方

不動産を売る際、最初にするのは査定依頼です。複数の不動産会社に売りたい不動産を査定してもらい、所有している不動産を売却できる価格相場を確認しましょう。また、査定の内容から仲介を依頼する不動産会社を決定します。1社1社に依頼することを煩雑に感じる場合は、一括査定サイトを利用してもよいでしょう。おおむね1週間以内に査定額が提示されます。査定額を高く設定することで不動産売却の仲介をしようとする会社もあるので、査定額だけではなく同じエリアでの仲介実績など、査定根拠が示されているかをきちんと確認しましょう。

仲介を任せる不動産会社を決めたら、媒介契約を結びます。媒介契約を締結したら不動産会社と相談して売り出し価格を決定し、不動産会社が売却活動を行うようです。購入検討者が見つかれば不動産会社が現地に案内して内覧を行い、内覧者が購入を希望すれば売却条件や価格を交渉します。売買条件が確定したら、不動産会社が売買契約書を作成し契約締結の流れになるのです。買主から購入代金が支払われたら家の名義を売主から買主に変更し、名義変更完了をもって引き渡し完了となります。以上が不動産売却の一連の流れです。

始めて不動産売却をする方が知っておくべき知識

不動産売却が成功するかどうかは、どの不動産会社に依頼するかによって決まるといってよいほど、不動産会社選びは重要なポイントです。信頼できる会社に依頼できるよう、不動産会社選びは複数社を比較したうえで慎重に行いましょう。担当者の経験年数や売買仲介実績、売却する不動産が空き家の場合は買主が見つかるまで管理してもらえるかも確認してください。

また、媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類があります。どの契約にするかは売却先の目途がついているか、売却にかける期間をどの程度で考えているか決める必要があるでしょう。一般媒介は、複数の不動産会社に仲介を依頼することが可能です。専任媒介と専属専任媒介は、1社の不動産会社だけに仲介を依頼します。専任媒介と専属専任媒介の違いは、専任媒介であれば自力で客付けが可能という点と売主への報告頻度です。

売却を急いでいない、時間をかけても納得のできる価格で売りたい場合は一般媒介をおすすめします。早く買い手を見つけたい場合は専属専任媒介を、売り先の目途はあるものの、より好条件の買い手を見つけたいという場合は専任媒介がよいでしょう。

売却する不動産がマンションや一戸建ての場合、査定額に影響するのは立地、築年数、日当たり、面積、水回りの劣化具合、雨漏りやシロアリの被害などです。立地や築年数、面積を変えることはできませんが、雨漏りやシロアリの被害がないことをインスペクションで証明したり、水回りの設備をクリーニングしたりすることで、査定時の評価を高めることはできます。築年数が古い物件でも、状態のよい物件であれば売れやすくなるため、内覧時は部屋をキレイに掃除して好印象を与えられるようにしましょう。

不動産売却を行う上での注意点

不動産売却を行う際、まずは名義人を確認しましょう。不動産を売却できるのは、原則名義人として登録されている本人のみです。相続した不動産の場合、名義が故人のままになっていないか確認する必要があります。法務局で名義人を確認し、必要に応じて変更してください。共有名義の場合は売却に名義変更は必要ありませんが、他の名義人全員の同意が必要で、名義人全員分の委任状を用意しなくてはなりません。

築年数がある程度経過している家は、土地の境界線が曖昧になっているケースがあります。測量には手間も費用もかかるため、まずは法務局で測量図を取得して測量がいつ行われたか確認してください。売却した不動産に不備があることが判明すると「契約不適合責任」を負わなくてはなりません。契約不適合責任とは売却した不動産に不具合があり、そのことが契約書に記載されていなかった場合に、売主がすべての不備の責任を負うというものです。売主が知っていたか否かにかかわらず、修繕費用や損害賠償を支払うことになります。

不備について契約書に記載があり、買主が了承した上での売買取引であれば責任が生じることはないため、不動産売却の前に家や土地に不備がないか充分に確認しておきましょう。不動産売却で得た利益に対してはさまざまな税金がかかりますが、特別控除で税負担を緩和したり税金の還付が受けられたりします。家を売却した翌年は確定申告を忘れずに行いましょう。

 

不動産売却は頻繁に行うことがないため、ほとんどの人が初めての不動産売却を不安に感じるものです。複数社を比較することで信頼できる不動産会社、担当者を見つけ、自分自身も不動産売却についての知識をつけることで、満足できる不動産売却を実現しましょう。

北九州市でおすすめの不動産売却業者

商品画像
商品名エステートプランミクニ不動産のデパートひろたアンサー倶楽部福岡地所
特徴60秒で査定完了! 高性能な不動産クイック査定1981年創業の北九州の大手総合不動産企業1976年創業! 不動産業一筋の地域密着型買取・売却・賃貸のトリプル無料査定を実施中!キャリアを積んだ資格保有者のスタッフ多数!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索